お知らせ

マンスリーサポーター募集キャンペーン【7月末まで】2021.05.17

 

目標人数は100人!

現在の申込者数は 31 人です。

1日約17円、月500円の寄付が

子供たちを救う支援に繋がります!

 

Treat every patient as if your own child(すべての患者さんを我が子のように大切に)

 

ラオ・フレンズ小児病院(LFHC)のスタッフは皆、来院したすべての患者さんに対して、我が子を思うのと同じような気持ちで接しています。子供たちにとっても、患者さん家族にとっても安心できる場所、差別なく適切な医療が受けられる場所でありたい。私たちは、病院が身近な存在ではない地域でも、常に小さな命に寄り添い、医療活動を行っています。

ラオスでは、肺炎や下痢、栄養失調等、予防や治療の できる病気で亡くなるケースが少なくありません。子供が20人いれば、そのうち1人は5歳の誕生日を迎えることができないのが現状です。

 

1人でも多くの子供たちの健康を守るため、マンスリーサポーターとして活動を応援して下さい!

 

 

※「口座振替」ご希望の方には専用の用紙を郵送します。「口座振替」ボタンを押して、送付先をお知らせください。

 

マンスリーサポーターになると

 

 


 

患者ストーリー

 

出生時の体重わずか800グラムで搬送されてきたラーノイちゃん。LFHCでの新生児の患者さんの平均よりはるかに小さい赤ちゃんでした。担当した医師や看護師はラーノイちゃんが生き延びられるかとても心配していましたが、最後まで決して諦めませんでした。数週間にわたり、抗生物質や輸液、様々な薬の投与に加え、光線療法、輸血等を実施。ラーノイちゃんは少しずつ元気になっていきました。
継続した治療の結果、体重も2キロを超え、晴れて迎えた退院の日。奇跡のような回復は家族やスタッフを笑顔にし、希望をも与えてくれたのでした。

 

アナちゃんは、遺伝性の血液疾患であるサラセミアの患者さんです。輸血を行うため、3~4週間ごとにLFHCのサラセミアクリニックに通院しています。輸血療法はサラセミアの一般的な治療法ですが、頻繁に輸血を受けることで血液中の鉄分が高くなり、鉄過剰症を引き起こす可能性も。そのため、アナちゃんにはデフェリプロンと呼ばれるお薬で副作用に対する治療も施しています。サラセミアはヘモグロビンを作ることができず、体内の正常な赤血球が少なくなる病気です。症状としては、蒼白、倦怠感、貧血などがあり、完全治癒することはありません。

 

 


 

スタッフ紹介

 

質の高い心のこもった医療を提供するためには、マンパワーが必要です。また、将来、ラオス人スタッフが自分たちの手で病院を運営できるようになるためには、その担い手である人材を、大切に育てなくてはなりません。マンスリーサポーターになることで、スタッフの給与を支援し、ラオスにおける小児医療の未来を支えていただくことができます。

 

医師

Khamthavong Sayavong(Mailor=メイラー)医師は、2015年からLFHCに勤務。写真は外来病棟での診察の様子ですが、救急病棟、入院病棟、新生児病棟でも子供たちを診ています。これらの診療のほかにも、メイラー医師は院内の医療チームを率いるメンバーとして、質の高い心のこもった医療が提供できるよう、スタッフへの医療教育も担当。リーダー的な存在です。

 

看護師

2015年からLFHCのアウトリーチチームで看護師として働くKhampha(カンパ)。訪問看護が必要な患者さんのフォローアップを行うチームの一員として、頑張っています。新型コロナウイルス感染症によるロックダウン期間中は、交通手段や連絡手段が限られてしまったことで、思うような医療活動ができず辛かったようです。コロナ禍において出来ることをチームで考え、対応にあたっています。

 

カンパ看護師の活動の様子は2021年3月3日放送の NHK WORLD-JAPAN『Side by Side』でも紹介されました。英語の放送ですが、赤尾のインタビューは日本語で行われており、現地の様子がよくわかります。

ぜひご覧ください。

 

※金額は月の平均額です

 

※「口座振替」ご希望の方には専用の用紙を郵送します。「口座振替」ボタンを押して、送付先をお知らせください。

 

キャンペーンのチラシはこちらからダウンロードできます

 


 

よくある質問

 

Q マンスリーサポーターになると、どんなものが届きますか?
A マンスリーサポーターの方には、以下のものをお届けします。
・スタッフからのサンキューカード(年1回、郵送にてお送りします)
・お誕生日カード(お誕生月にEメールでお祝いのカードをお送りします)
・マンスリーサポーター限定メールマガジン(9月以降配信開始予定です)
・年次報告書/ラオ・フレンズ小児病院からのお手紙
・寄付金控除の可能な領収証(年1回、1年間のご寄付を合算して翌年の1月にお送りします)

その他、不定期でイベントの案内や報告書などをお送りします。

 

Q 領収証はもらえますか?
A はい。年1回、1年間のご寄付を合算した金額の領収証を、翌年の1月にお送りします。2021年のご寄付の領収証は、2022年1月にお送りします。

 

Q 領収証は寄付金控除が可能ですか?
A はい。当団体は「認定NPO法人」として東京都に認定されていますので、寄付金控除が可能です。

 

Q 寄付金控除とは何ですか?
A 寄付の領収証を添付して確定申告を行うことで、翌年に納める所得税や住民税を安くすることができることをいいます。NPO団体(特定非営利活動法人)の中でも、所轄庁(都道府県や政令市)から認定を受けた「認定NPO法人」だけが対象となります。当団体は東京都から「認定NPO法人」として認証を受けていますので、当団体の発行する寄付の領収証は、寄付金控除の対象となります。法人の場合は、損金算入限度額の枠が拡大されます。

 

Q マンスリーサポーターの金額変更や解約はできますか?
A 可能です。事務局までご連絡ください。
 

イベントEvent

活動レポートReport

  • 事務局のスタッフ等が、
    日々の活動の様子を
    お伝えします

  • 赤尾看護師が、
    ラオスでの活動の様子等を
    お伝えします

最新情報をチェックFollow